自己愛性人格障害の性質:馬鹿にされることに耐えられない

自己愛性人格障害の性質:馬鹿にされることに耐えられない

自己愛性人格障害の人は、馬鹿にされたと思い込むと、とたんに激しく怒ったり、恥の感情や屈辱感でいっぱいになります。

 

過剰な自己愛を持つ人にとって、他人は常に比較の対象です。
自分が相手を見下す関係でいられるか、あるいは見下される立場に追い込まれるのか、2つに1つしかありません。

 

自己愛性人格障害の人が横柄で文句ばかり言うように見えるのは、他人を見下すことで、見下される立場になることを避けようとしているからです。
尊大な自己イメージを守るための防衛策です。

 

周囲の声は、自分にとって心地よいものしか耳に入りません。
忠告や本音は、はねつけるだけでなく、批判や侮辱と捉えて過剰に反応することがあります。

 

期待外れの他者の言動に対して、恥じたり、屈辱感を抱いたり、激しく怒ったりする(自己愛的憤怒)のは、弱い自分を守るための防衛策といえます。

 

耐え難い状況は次の通りです。

 

  • 顔に泥をぬられた、と感じる時
  • 体面が傷つけられた、と感じる時
  • 面目を失った、と感じる時
  • 格好悪いと見られた、と感じる時

 

他者から馬鹿にされたと感じることは耐えられません。
許せないという怒りが湧き上がり、その場で激昂するのでは収まらず、中には報復しようと考える人もいます。