自己愛性人格障害の治療法とは

自己愛性人格障害の治療法とは

自己愛性人格障害の治療法はこれといったガイドランはありません。
さまざまな方法を組み合わせて、本人に合わせて治療が進められていきます。

 

治療の主体は精神療法です。
そして、症状を取るために薬物療法が用いられます。

 

薬物療法は精神療法と併用することが多いです。
その他にも、入院治療、生活療法、行動療法などがあります。

 

医療機関に訪れる患者は皆、何か具体的な問題を抱えています。
それぞれの患者が訴える症状に対する治療も行う必要があります。
そのため、医師は一人一人の患者に適した治療を検討します。

 

精神療法は次のように細かく分類することができます。

 

個人を対象としたもの
  • 精神分析的精神療法
  • 治療者と患者が面接します。患者にある程度の現実分析力と内省力が必要です。

     

  • 支持的精神療法
  • 現実といかに折り合っていくかを治療の重点とします。

     

  • 認知療法
  • 物事の捉え方、考え方の歪みを修正します。

     

  • 対人関係療法
  • いかに対人関係を改善していくかを治療の重点とします。

 

集団を対象にしたもの
  • 家族療法
  • 患者だけでなく家族全体を治療の対象とします。

     

  • 夫婦療法
  • 破たんしている夫婦の関係を治療の対象とします。

     

  • 集団精神療法
  • 患者が集まり、それぞれ自分を語る中で改善の糸口をさぐります。

 

本人に合った治療法を選択することで効果が期待できます。