自己愛性人格障害の治療法:精神療法

自己愛性人格障害の治療法:精神療法

自己愛性人格障害の治療の柱になるのは精神療法です。

 

治療者との対話を重ねることで、患者は自分の心の在り方に気付くことができます。

 

患者の訴えの内容によっては薬物療法を行うことがありますが、患者自身が問題に気づき、取り組んでいこうとする姿勢がなければ、改善は図れません。

 

そのため、重要な治療手段となってくるのが精神療法です。治療者との対話を通じて、自分の心の内を見つめ直し、等身大の自己のイメージを獲得していくことを目指します。

 

精神療法には次のようなものがあります。

 

精神分析的精神療法

古典的な精神分析の方法を応用した精神療法です。
治療者は共感をもって患者の話を聞くだけでなく、積極的に問いかけたり、治療の方向性を示したりしていきます。

 

椅子に座って面接するスタイルで行います。
患者は、今どんなことに悩んでいるのか、どんな生活を送ってきたかなどを話します
治療者は、患者が感じてきたことをまず是認し、受け止めることからスタートします。

 

精神分析

フロイトが始めた精神療法で、人の考えや行動に影響を与えている無意識の世界を意識化させる手法です。
長椅子などに横になって話すスタイルです。

 

患者は、現在抱えている悩みについて思いつくままに話していきます。
治療者は、患者から診えないところで話を聞き、考えたことを患者に伝えます。