自己愛性人格障害:極度に傷つきやすい

自己愛性人格障害:極度に傷つきやすい

自己愛性人格障害の人は、極度に傷つきやすい側面を持っています。
たえず周囲の視線を気にしてビクビクしています。

 

それは、理想化した自分のイメージを打ち砕かれる恐れがあるからです。
自己愛が非常に強く、自分はすごいと思い込んでいる人が持っているものは、実績に裏打ちされた自信ではなく、根拠のない自信です。
そのため、常に心の中で大きな不安を抱えています。

 

根拠のない自信は、厳しい現実を突きつけられると打ち砕かれ、本人は傷つきます。
ですので、自己愛性人格障害な人は現実を直視するのを恐れ、常に防衛的な姿勢を取ります。

 

自分は注目の的でありたいのに全然注目してもらえないと、寂しい気持ちになり自己嫌悪に陥ったり、注目してくれない周囲に攻撃的になったりします。
褒められると思っていたのに褒めてもらえないと、落胆するとともに恨みがましい気持ちになります。

 

そのように期待通りにいかずに傷ついてるのを周囲に気付かれたら、さらに立ち直れなくなるくらい傷つきます。
ですので、自分が傷ついていることを気付かれないようにします。

 

気になることでも気にしていないように装うので、友人に対しても防衛的な構えになります。
だから本音の付き合いができません。

 

友人なのに本音を隠して身構えているような人は、背景に傷つきやすく不安な気持ちを抱えているケースが多いです。