自己愛性人格障害:プライドを守るために攻撃する

自己愛性人格障害:プライドを守るために攻撃する

自己愛性人格障害の人は、自分のプライドを守るために他者を攻撃します。

 

自己愛が強く、自分はかっこよくないといけないという強迫観念を持つため、傷つきやすく、不安が強く、防衛的な構えを崩しません。
このことが攻撃性につながります。

 

不安が強く身構えているときは、他者の言動に対して過敏に反応しやすいです。
ちょっとした言葉や態度にも、「馬鹿にされた」「裏切られた」などと被害者感情を持ち、攻撃的な反応を示します。
相手には全く悪意がなくても、その言葉や態度に勝手に悪意を読み取り、攻撃することもあります。

 

自分の思っていることに対して他者に共感してもらえないときも、攻撃的な反応が出やすいです。
自分の思っていることは絶対正しくみんなも分かってくれるはずだという思いが強いため、意見されることを嫌います。
意見されると、自分が否定されるように感じ傷つきます。

 

例えば、誰かに憤慨していて、周囲がそれはちょっと曲解しすぎじゃないかとなだめたりすると、裏切られたといわんばかりの不満そうな態度を示します。
なだめた人とそれまでは良好な関係にあったにもかかわらず、そのことがあって以来、ことあるとごに悪口を言いふらすようになったりします。
自己愛が過剰なゆえの妄想的な被害者感情のなせるわざだといえます。