自己愛性人格障害の治療:怒りと抑うつ

自己愛性人格障害の治療:怒りと抑うつ

自己愛性人格障害の治療が安定してくると、別の形で巻き込みが始まります。

 

治療者に来談者自身の感情を体験させるようになります。
最もよく現れるのは、怒りと抑うつの2種類の感情です。

 

治療が進むと来談者は治療者に怒りを向けるようになります。
怒りというより憤怒のような激しい怒りです。

 

こうした怒りに対して、治療者が来談者に怒りで応酬していては、治療は進めません。
治療者は冷静に中立的な言葉で示して、怒りの応酬に陥らないように心がけます。

 

抑うつは、来談者の防衛パターンが使えなくなるために生じます。
治療が進むと、来談者は自分の現実の姿を見つめられるようになります。

 

治療以前は、防衛パターンを用いて、現実の自分に直面することを避けていましたが、治療が進むとそれが使えなくなり、現実の自分が持つ問題や限界を向き合わざるを得ません。
人は誰しも現実の姿に直面させられると落ち込みます。

 

来談者が抑うつ的になると、治療者も自分の治療の限界を感じ、気分が沈みます。
結果的に、治療者は来談者と同じ抑うつを体験することになります。

 

両者が抑うつ状態に陥った場合は、治療者は自分の限界を自覚しながら、来談者の状態に共感し、来談者が体験している状態を言葉に表して、来談者の理解を促します。