自己愛性人格障害の増加の原因:ブログやツイッターの危険性

自己愛性人格障害の増加の原因:ブログやツイッターの危険性

ブログツイッターなどによって自己愛が増し、自己愛性人格障害になる人がいます。

 

ブログは日記形式、ツイッターは短文のつぶやき形式で、ウェブ上に公開するものです。
誰でも読むことができるので、当然書く方は公開して良い内容と悪い内容を選別して、載せることになります。

 

しかし、ときどき公開してはまずいのではないかという内容を載せている人がいます。
それは、ブログやツイッターには人間の衝動層を刺激し理性的な判断を鈍らせる作用があるからです。

 

ブログやツイッターなどでは他者の反応が得られます。
これが自己愛をことさら刺激します。
自己愛や承認欲求が強い人は、多くの共感的な反応を期待するため、調子に乗って余計なことまで書いてしまいます。

 

また、気軽に書き込めるという点も落とし穴です。
紙媒体の日記であれば、何度も再考したり後で書き直したりする時間がありますが、ブログやツイッターではいきなり公開してしまいます。

 

衝動的にメールを返して気まずい思いをするのと同様です。
ネット上はメールよりも目にする人物がはるかに多いので、よりトラブルが発生しやすいのは言うまでもありません。

 

ネットでのコミュニケーションが自己愛を増大させるとともに、ネットには自己愛性人格障害の人が人間関係を悪化させる落とし穴が潜んでいます。