自己愛性人格障害ガイド 特徴、チェック、治療、原因

自己愛性人格障害とは

自己愛性人格障害とは、健康な人間関係を築けない障害のことです。
社会的に成功している人がこの障害を抱えていたり、うつ病や夫婦の不和の奥に隠れている場合があります。

 

自己愛性人格障害とは、その特徴
自己愛性人格障害の心身への現れ方
自己愛性人格障害の患者像の型
自己愛性人格障害の2タイプ
自己愛性人格障害の遺伝
健康な自己愛と不健康な自己愛の違い

 

 

自己愛性人格障害の診断チェック

 

自己愛性人格障害は、行動や認識パターンの問題です。
特有の症状があるわけではありません。
自分をセルフチェックして自覚することが治療への第一歩です。

 

診断チェック
自己愛性人格障害か境界性人格障害かの区別は難しい
自己愛性人格障害と他の人格障害

 

自己愛性人格障害の性質

自己愛性人格障害の原因

現在、自己愛性人格障害の原因ははっきりと解明されていませんが、いくつかの説が存在します。
それぞれの説について解説しています。

 

生まれながらにもっている気質的な素因
乳幼児期に得られなかったものを探し続けている
脳内の神経伝達物質の過不足

 

自己愛性人格障害の治療法

自己愛性人格障害の環境

どのような環境が自己愛性人格障害を育みやすいか、また高齢になるにつれどのように変化していくかを解説しています。

 

家族の役割があいまいになっている
社会の変化に伴い患者数が増える
高齢になるほど孤立する

 

 

自己愛性人格障害の対応

 

自己愛性人格障害の人を取り巻く周囲の人の対応策を示しています。
できること、してはいけないことを念頭に置き、サポートしてあげてください。

 

対応:批判や説教ではなく共感から始める
家族の対応:治療の協力者という立場になる
家族の対応:家族の機能や役割、境界を見直す
職場の対応:問題を客観的にとらえる
自己愛性人格障害の相談先

 

自己愛性人格障害の人がトラブルを起こす理由

自己愛性人格障害の人が抱える生きづらさ

自己愛性人格障害ゆえに生きづらさを抱えて生きている人が多いです。
社会に適応しづらいことも少なくありません。

 

生きづらさを抱えている
ナルシシズム(ナルシズム)
引きこもり
巣ごもり
おひとりさま
草食系
安心できる場所がない

 

 

自己愛性人格障害の深層心理

 

自己愛性人格障害の人が抱える深層心理について解説しています。
言動の背景にあるものが見えてきます。

 

その気になれば何でもできる

 

自己愛性人格障害と社会

精神分析学者の定義

有名な精神分析学者が定義する自己愛性人格障害についてそれぞれ説明しています。

 

コフートの自己愛性人格障害
カーンバーグの自己愛性人格障害
マスターソンの自己愛性人格障害
マーラーの自己愛性人格障害
ミロンの自己愛性人格障害

 

 

自己愛性人格障害の関連疾患

 

自己愛性人格障害の関連疾患について説明しています。
発達障害や、内科・外科の病気と関わりがあります。

 

自己愛性人格障害と発達障害
自己愛性人格障害と病気
自己愛性人格障害と双極性障害(躁鬱病)、妄想性障害