自己愛性人格障害の性質:自分のことばかり話す

自己愛性人格障害の性質:自分のことばかり話す

自己愛性人格障害の人は、自分のことばかり話す傾向が強いです。

 

何を話していても、すぐに自分の話題に持っていくのが特徴です。
人の話には全く興味がなく、人が話しているのをじっと聞いてられません。
他の人が話しているときは、次自分が喋るタイミングばかり見計らっています。
そして、ちょっとでも間が空くと、ここぞとばかりにまくし立てて喋ります。

 

人の話の腰を折るのは得意です。
他の人が話している最中でも、言葉を強引にかぶせて話し始めることがあります。
話し始めると止まらず、相手の反応は気にせず、自分が満足するまで喋り続けます。

 

このように、相手の視点を考えることなく、自分の視点でしか物を見れないのが自己愛性人格障害の特徴です。
会話も一方的で相手の話を聞いていないので、会話に相互性がありません。

 

喋っている場にこういった人間が一人いるだけで、場の雰囲気は一変してしまいます。
みんなが順々に喋っているのに、それを無視して一方的にまくし立てるので、周囲はイライラしストレスが溜まります。

 

しかし、本人は周囲のイライラには気付かず、気持ち良さそうに喋っています。
心底、他人の興味がないのです。
強烈な自己愛がゆえに、関心があるのは唯一自分だけなのです。