自己愛性人格障害の人は自分の欠点を優越感で隠そうとする

自己愛性人格障害の人は自分の欠点を優越感で隠そうとする

自己愛性人格障害の人には、自分の欠点を優越感で隠そうとする人がいます。
いわば自分の欠点を補償していくタイプの自己愛性人格障害です。

 

このようなタイプは、回避性人格障害と通ずるものがあります。
いずれも、人生初期の体験で失敗していることが特徴です。

 

回避性人格障害の人は劣等感や世間の目から逃げますが、このタイプの自己愛性人格障害の人は自分の劣等感を優越感の幻想でごまかそうとします。
ですので、地位と名誉を得るために、懸命に努力します。

 

極端に他人の反応に敏感で、批判的な判断や否定する兆候がわずかであっても、気づきます。
自分の失敗の感覚を深く隠すために、優越感という外観を作ろうとします。

 

実は自分の内面の動きをある程度洞察することができますが、それにもかかわらず、栄光と達成の空想のひたります。
実際の世界ではない演劇や想像上のストーリーの中に、自分の役割を求め続けます。

 

このようなことをくり返していると、現実に引き戻された時に、ますます傲慢になり他者を無視するようになります。

 

自分より能力が劣ると思う人物をそばに置いて、優越感を満たそうとするケースもあります。
人を叱責し罵倒することもあれば、同情することで心理的に有利に立とうとします。